2017年10月13日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは

ITインフラは延命して長期間利用する方が効率的と考えがちだが、そんな常識は過去のものとなったようだ。IDCの調査で、サーバを長期利用すると運用コストが指数関数的に増大し、イノベーションの足かせになってしまうことが判明した。

[ITmedia]

 ITインフラは、長期間利用したほうが高くつく。そんな常識を覆すような調査データが判明した。IT調査会社のIDCによれば、サーバを3年で更新した場合、標準的なサーバ更新サイクル(平均5.8年)に比べて運用コストは59%も低減したという。

 この背景には、デジタルトランスフォーメーションの加速がある。人材、プロセス、テクノロジーの抜本的な変革を進めるため、新たなアプリケーションが導入され、その分インフラに求められるパフォーマンスも向上している。サーバ自体の老朽化もあり、特に4年目以降の運用コストが指数関数的に増大してしまうのだ。

 本資料では、グローバルな企業調査から、費用対効果を最大化するためのサーバ更新サイクルを探ったものだ。ITスタッフの負担や生産性、復旧時間など多角的な調査項目から効果的なインフラ更新戦略のポイントを紹介する。

画像