Loading
2017年10月18日 10時00分 公開
PR

攻撃状況を迅速に可視化:標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは

標的型攻撃の高度化により、感染を前提にした対策が重要になっている。対策手法の1つ「デジタルフォレンジック」の効果を最大化する先端技術と、導入する価値を解説する。

[ITmedia]

 執拗(しつよう)さを増している近年の標的型攻撃への対抗策は、マルウェアの感染が防げないことを前提に、その被害を最小化する手法に重点が移っている。中でも脚光が当たっているのは、電子的記録を解析し、その事象に関わる証拠を抽出して対策を打つ「デジタルフォレンジック」である。これまではデータ収集と専門家による分析に時間がかかり、十分な効果が発揮できないという課題を抱えていた。これら問題を解決できる先進技術を紹介した上で、ビジネスの現場に導入することの価値を解説する。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部