Loading
2017年10月18日 10時00分 公開
PR

「サーバは、どれでも同じ」ではないこれからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由

機械学習/深層学習に取り組む上で、サーバの役割はより重要になっている。サーバは高性能なだけでなく、運用管理でも近代化が期待され、セキュリティ強化も求められる。

[ITmedia]

 現在、多くの企業が自社のビジネスの発展ために、機械学習/深層学習、データレイクやインメモリコンピューティングといった技術の活用に乗り出している。そして、こうした技術の活用において、サーバの果たす役割はますます重要になっている。つまり、どんなサーバを選ぶかがビジネスにも影響を及ぼすということだ。

 サーバがビジネスを促進するためのITツールであるならば、運用やトラブルシューティングにかける人手や時間は、最小限にとどめられなければならない。インフラセキュリティもリアルな課題だ。単にCPUとストレージを載せた箱があっても、運用やセキュリティで金がかかり、人手や時間を費やすのでは本末転倒である。

 かつて「サーバなど、どれでも同じ」というメッセージが言いはやされたが、どれも同じではない。以降、ビジネスに役立つITインフラを構築するために、高性能でセキュアなサーバの在り方と、効率的な運用管理について専門家に聞いた。

※本稿は、@ITからの転載記事です。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部