Loading
2017年10月26日 10時00分 公開
PR

オンプレミスと同様の管理性を確保するにはハイブリッドクラウドの運用負荷軽減は、ネットワーク全体の可視化が鍵

ICTシステムのハイブリッド化を進める企業が増えているが、システムの複雑化で運用負荷が増え、トラブル対応に時間がかかってしまうという課題もある。解決法を探る。

[ITmedia]

 オンプレミスの既存資産を活かしながら、パブリッククラウドの活用も推進したい。このようなニーズから、ICTシステムのハイブリッド化を進める企業が増えている。しかしこの取り組みによって、新たな課題に直面するケースも少なくない。システム全体が複雑化することで運用管理の負担が増大し、トラブル発生時の対応も時間がかかるようになる。しかし、デジタル革新へと向かいつつある現在、オンプレミスのみという選択肢はもはや現実的とはいえない。ではどのようにして、この課題を解決すべきなのだろうか。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部