2017年10月30日 05時00分 公開
特集/連載

セキュリティパッチ適用やトラブル対応が簡単に「Windows 10」の仮想化を検討すべきこれだけのメリット

ローカルのPCではなく、データセンターでWindows 10環境を稼働させる仮想デスクトップには、ユーザーはもちろん、管理者の運用を楽にする大きなメリットがある。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10仮想化のメリットとは

 企業は、「Windows 10」への移行を決定したら、他にも幾つかのことを決めなければならない。その1つが、同OSをユーザーにどのように提供するかだ。

 従来のアップグレードプロセスを選べば、IT部門は社内の全ユーザーの物理デバイスにWindows 10をインストールしたり、全PCを新品に買い替えたりすることになる。もう1つの選択肢は、Windows 10の仮想デスクトップを利用することだ。「物理か」「仮想か」を検討する上で最も重要なのは、各アプローチがどのような場合に最適かを理解することだ。

Windows 10を仮想化するメリット

 仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)は、IT担当者にとって非常に管理しやすい。まず、デスクトップを仮想化すれば、適切なリソースをユーザーに提供するのは簡単だ。IT部門は、各物理デバイスにWindows 10とユーザーに必要なアプリケーションをインストールするのではなく、ユーザーやユーザーグループに必要なものを全て組み込んだWindows 10イメージを構築し、多数のユーザーに瞬時に提供できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

企業の枠を超えてユーザー企業やパートナー企業がつながることの価値――ボストンで「INBOUND」を体験して
本連載では3回にわたり、HubSpotのカルチャーやインバウンドマーケティングの考えなどに...

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...