2017年11月02日 05時00分 公開
特集/連載

「顔認証」と「虹彩認証」はどう違うのかiPhone Xが採用した顔認証とは? スマホ向け生体認証技術の種類と特徴を見る (1/2)

モバイルデバイスへの搭載が進んで身近になった生体認証技術だが、その特徴を正しく理解できている人は多くないだろう。主要技術である指紋認証、顔認証、虹彩認証、音声認証について簡潔に紹介する。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]
画像 モバイルデバイスでは生体認証は当たり前の存在に

 「用心するに越したことはない」といわれて育った人は多いだろう。子どもにはこの教えを無視する権利がある。だがモバイルデバイスを活用する企業が、この忠告を無視すれば、困った事態に直面することになりかねない。

 パスワードとPINコード(暗証番号)だけでは、モバイルデバイスを攻撃から保護するには十分ではない。IT部門が導入できる最善の防御策の1つは「生体認証」だ。生体認証は、各個人に固有の生体的特徴を用いて本人を確認し、デバイスへのアクセスを許可する。主な生体認証技術には、指紋認証、顔認証、虹彩認証、音声認証がある。

 一般的な生体認証では、モバイルデバイスがユーザーの生体的特徴のコピーを作成してバックエンドのデータベースに保存。ユーザーがデバイスにアクセスしようとする度に、その場で取得した情報と登録済みの認証データを照合する。情報が一致すればデバイスへのアクセスを認め、一致しなければアクセスを拒否する。

 モバイルデバイス向けの生体認証技術を巡っては、幾つか懸念もある。まず生体認証技術には、誤って本人を拒否したり他人を受け入れたりする誤認の可能性がある。また簡単にリセットできるパスワードと異なり、生体情報はデバイスのセキュリティが侵害されたとしても、変更や編集が利かない。デバイスのカメラやセンサーに傷や汚れがあれば、デバイスにアクセスできない可能性もある。さらにモバイル生体認証技術は、価格が高い。ただしモバイル生体認証技術が日に日に進歩しているのは確かだ。

指紋認証

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...