2017年11月02日 09時00分 公開
特集/連載

ハードウェアの転換期真のDRAM代替メモリとは 未来のITインフラで起こるメモリ技術の革新

未来のデータセンターにおけるDRAMの代替を探る動きが進んでいる。業界専門家によると、データセンターハードウェアには今後、数多くの革新がもたらされる見通しだ。

[Robert Gates,TechTarget]

関連キーワード

DRAM | 垂直統合


 現在の技術革新はソフトウェアが主役であり、ハードウェアの進歩はソフトウェアに覆い隠されている。だが未来のデータセンターでは、20年以上もデータセンターの根幹だったDRAM(dynamic random access memory)においてハードウェアの転換が起きる。将来に目を向けると、効率性の向上、永続性、コスト削減につながる多様な選択肢が存在する。

 そうしたイノベーションの幾つかについて、TechTarget ではDell Technologiesのグローバル技術戦略担当副社長ダニー・コッブ氏に話を聞いた。同氏はEMCの最高技術責任者(CTO)やDigital Equipmentのテクノロジストといった役職を歴任し、長年にわたる大きな変化を目の当たりにしてきた。今後のデータセンター計画についてITプロフェッショナルの注目を集める多様なインフラ技術について、同氏が解説した。

――コッブ氏はデータセンターにおけるシングルレベルセルからマルチレベルセルへのメモリ進化について講演してきた。未来のデータセンターではどんな技術が必須となるのか。

ダニー・コッブ氏 人工知能(AI)と機械学習技術を使ってインフラをリアルタイムで最適化する概念がある。われわれは、そうした新しいコンピューティングモデル(グラフィックス処理ユニット、テンソル処理ユニット、FPGA=field-programmable gate arrayなど)を、基本的にファブリック上で利用できるサービスと捉える動きに積極的にかかわっている。データセンターで利用できるリソースに照らして、機械学習やAI技術を使ってワークロードのスケジュールを立てる。3〜4年前まではどんなワークロードも、仮想化された均質なx86の均質な列の連続の上で実行されていた。それは均質なコンピューティングの世界だった。

 これに対して新しい世界が異種コンピューティングだ。それはオフロードエンジンであり、加速されたAIであり、データセンターにおいて動的にプログラミングされるFPGAでもある。インフラそのものがより多くの知識を取り込み、プラットフォームの進化に伴って、われわれはそのスタイルのインフラの進歩と、そのスタイルのコンピューティングおよびワークロードの進歩を目の当たりにする。

――クラウドコンピューティングに対するオンプレミスの答えは、分離と組み立て可能インフラにあるように思える。データセンターの未来はどうなるのか。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...