Loading
2017年11月09日 10時00分 公開
PR

ハイパーコンバージドの統合管理をクラウドに拡大パブリッククラウド利用で負荷激増? ハイブリッド環境を救う技術とは

パブリッククラウドとオンプレミスのシステムを合わせて利用するハイブリッド環境が一般化する中で、その管理負荷の増大が問題となっている。解決の鍵を探る。

[ITmedia]

 迅速なサービス開発やシステム拡張性の向上を目的に、企業ITシステムは自社のデータセンターの枠を超え、パブリッククラウドサービスも併用する「ハイブリッドクラウド」の形態が当たり前になりつつある。しかも、1つのパブリッククラウドを使うだけでなく、用途ごとに異なるパブリッククラウドを使い分ける「マルチクラウド」の運用形態も増えてきた。

 こうしたパブリッククラウドの活用範囲は年々広がり、それに応じてクラウド環境の管理工数も年々増している。オンプレミス環境ではサーバやストレージを統合したハイパーコンバージドインフラ(HCI)が広がり、運用の効率化が進んでいるが、クラウドを含めたシステム全体の運用の手間やコストは逆に増える傾向にある。こうした傾向に歯止めをかけるには、ハイブリッドクラウド、そしてマルチクラウド環境を全てまとめて一元管理できる仕組みが求められるところだが、残念ながらこれまではそうした仕組みは存在しなかった。

 しかしここに来て、ようやくこうしたニーズに応えられる製品が出てきた。しかも海外ベンダー製ではなく、国内ベンダーの手によるものだという。企業ITシステムの将来のニーズも先取りした注目技術を紹介する。

提供:ネットワンシステムズ株式会社

提供:ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部