2017年11月16日 10時00分 公開
PR

新旧システムをつなぎ新たな価値を創出するレガシーなシステムにあるデータをビジネスに生かす方法

メインフレームなどを中心とするレガシーシステムからビッグデータ環境へのデータ移行時に企業が抱える課題をどう解決すればいいのか。

[ITmedia]

 メインフレームなどのレガシーシステムのことを「大きな鉄」と見立てて「Big Iron」と呼ぶことがある。そして、企業が保有するあらゆるデータを統合し、経営に生かそうという機運が高まっている今日、大きな課題となっているのが「Big Iron to Big Data」だ。

 多くの大企業では今なお、顧客とのやりとりに欠かせないアプリケーションがメインフレームで稼働しており、ここで重要なデータが日々生成されている。

 アプリケーションの可用性や安全性を損なうことなくデータを抽出し、分析して経営の意思決定に生かすための仕組みは必要不可欠だ。

 本稿では、新旧システムをつなぎ新たな価値を創出する注目のデータ処理ソリューションベンダーの取り組みについて探る。

提供:シンクソート・ジャパン株式会社

提供:シンクソート・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部