2017年11月16日 10時00分 公開
PR

利用者のプライバシーも尊重音響センシングで見守り負担を軽減 NPO法人が選んだ見守りソリューションとは

介護の現場では突然体調を崩す高齢者のための見守りは重要だ。しかし人的負担は大きい。精神論では対処できないこの課題を技術の力で解決した事例を紹介する。

[ITmedia]

 高齢化が急速に進む一方で、介護現場は深刻な人手不足に苦しんでいる。入居者の転倒や夜間の容体急変に備えて24時間365日の見守りの体制を築こうとすると、職員の負荷が増す上に、人件費がかさんで入居者の負担増を招いてしまう。コストを抑えようとして緊急通報ボタンや監視カメラといった見守りソリューションを導入する例もあるが、緊急時の対応やプライバシーの面で課題を抱えていた。これらの課題を解決するため、NPO法人が選んだ選択肢は何か。具体的な導入事例を見てみよう。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部