2017年11月20日 05時00分 公開
特集/連載

アナリストは熱視線を送るビジネスプロセス管理の新たなトレンド ローコード開発と人工知能に注目すべき理由

ビジネスプロセス管理(BPM)が進化し続けている。このトレンドの中でアナリストは、人工知能(AI)、機械学習、ローコード開発プラットフォームに着目するようになった。その理由とは。

[Darryl K. Taft,TechTarget]

 ビジネスプロセス管理(BPM)はこれまで、生産性と効率を上げてコストを下げることに重点を置いてきた。だが最新トレンドは、BPMを使ってデジタルトランスフォーメーションを促す方向へと進んでいる。

 BPMとは、継続的な変化に対応するために企業のワークフローを改善する体系的アプローチだ。こうしたプロジェクトは複雑で多くのリソースを必要とし、骨の折れることが多い。だがBPMの新たなトレンドは、ワークフローソフトウェアを自動化してビジネスのタスクやアクティビティの流れを円滑にすることを中心に据えている。そのトレンドには、ローコードアプリケーションプラットフォームの導入、人工知能(AI)の使用、音声入力と会話型入力などがある。

 「当社は、実際にはビジネスプロセス管理ではなくデジタルプロセス自動化という用語を使っている。テクノロジーのトレンドが、デジタルトランスフォーメーションを直接サポートするようにシフトしているからだ」と話すのは、Forrester Researchのアナリスト、ロブ・コプロビッツ氏だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...