2017年11月27日 10時00分 公開
PR

データだけでなく本体も守る来るなら来いマルウェア 攻撃されても大丈夫な「自己回復」ノートPCとは?

モバイルワーク用の端末を選ぶ基準は何だろうか。もしユーザーが意識せず、セキュリティが確保できる端末があるとしたら、それは重要な基準になるのではないだろうか。

[ITmedia]

 働き方改革が国民的な課題として浮上している。米国では既にかなり浸透しているという声もあり、日本でも米国に倣って根本的な改革が進むことが期待される状況だ。働き方改革の施策はさまざまだが、実はその鍵を握っているのはノートPC活用による生産性向上ではないだろうか。クラウドやスマートデバイスがITの主役となり、昨今ノートPCの影は薄い印象だが、スマートフォンやタブレットではやはり全ての業務を十分にこなすというわけにはいかない。大画面とキーボードを備えたノートPCの役割は大きなものがあるはずだ。

 一方で個人情報漏えいなどの重大トラブルが相次いだ経験から、ノートPCの屋外や自宅活用には企業内で厳しい制約が課せられている。自由に持ち出すことすらままならない企業も少なくないようだ。もちろん、かつてのようなトラブルを繰り返すことは許されないため、社外でも安心して仕事ができる“新世代のノートPC”が働き方改革の実現には必須といえるのではないだろうか。適切なノートPC選びのために考えておくべきポイントを紹介しよう。

提供:株式会社 日本HP

提供:株式会社 日本HP
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部