2017年11月24日 10時00分 公開
PR

「現地任せ」は禁物、海外拠点の会社運営海外拠点の経営リスクを減らすには? 日系企業に適した3つのクラウドサービス

日本企業の海外進出は近年も積極的に行われているが、海外拠点の財務会計やセキュリティなどの状況が見えず苦戦するケースも目立つ。こうした課題を解消する最善策とは。

[ITmedia]

 近年、日本企業が海外進出する目的は、従来の「製造拠点の移管」から、技術やサービスを海外市場に投入して需要を取り込む「現地市場獲得型」へと大きくシフトしている。その実現には、本社主導の海外拠点経営が欠かせないが、現実には、本社も国内ビジネスで手いっぱいというのが実情だ。

 また、現地での人材確保やパートナー企業との協業は年々難しくなり、市場開拓で苦戦するケースも目立つ。そんな企業によく見られるのが、現地における財務会計やセキュリティ対策などの“状況が見えない”という問題だ。加えて、回線品質の問題により「拠点間コミュニケーション」に課題を抱える企業も依然として多い。

 そこで解決策として注目され始めたのが、現地のビジネスに豊富なノウハウを持つ企業へのアウトソースだ。本コンテンツでは、日本企業の進出が多いアジア地域でのビジネスにも強いクラウドサービスについて、「財務会計」「セキュリティ対策」「拠点間コミュニケーション」を中心に紹介する。

提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ

提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部