2017年11月29日 05時00分 公開
特集/連載

機械学習やワークフローを強化IBM、MicrosoftのAIを搭載したBoxにIT担当者が夢中になる理由

Boxは人工知能(AI)と機械学習の技術を導入した新たな機能を提供する。ユーザーは、スマート検索オプションや、カスタマイズしたコンテンツを表示するフィードを利用できるようになる。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
「Box Skills」 「Box Skills」のWebサイト《クリックで拡大》

 ファイル共有サービスを提供するBoxは、コンテンツ管理ツールに機械学習テクノロジーを新たに導入し、ユーザーのコンテンツからインテリジェントな洞察を得られるよう支援する。

 Boxは毎年恒例の「BoxWorksカンファレンス」で、幾つかの新サービスを発表した。「Box Skills」は、表示コンテンツや音声コンテンツを検索できるだけでなく、それらのコンテンツに関する情報も簡単に表示できる。「Box Feed」は機械学習を使って特定ユーザー向けにコンテンツをキュレート(情報を集め、整理し、新しい視点を提供)する。そして「Box Relay」の新機能は従業員のワークフロー効率化を目指している。カンファレンスでは、これらの機能が参加者の興味を引き付けた。

 「しかるべきときにしかるべき場所にいる特定の人々に物事を中継しようとしていたところだったので、人工知能(AI)を組み込んだBoxに出会えたのはよかった」と話すのは、Barnhardt Manufacturing Companyでビジネスシステムエンジニアを務めるライアン・フォルツ氏だ。

Box Skillsの仕組み

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...