2017年12月01日 10時00分 公開
PR

日本企業の悩みを解決米国先進技術が示すハイブリッドクラウドの未来とは

クラウドとオンプレミスで使いやすいITインフラを構築するハイブリッドクラウドへの関心が高まる中、その運用管理に悩む企業も多い。米国先進技術が示すその解決策とは。

[ITmedia]

 「クラウドか、それともオンプレミスか」。企業ITの世界では、クラウド利用の是非が長らく議論されてきた。現在ではクラウドのメリットが広く認知されるようになったとともに、その限界も徐々に見え始めてきた。そのためクラウドとオンプレミスを適材適所で使い分ける「ハイブリッドクラウド」が、企業ITのあるべき姿として提唱されるようになってきた。

 一方で、システム運用管理などハイブリッドクラウドに特有の課題も早くも顕在化しつつある。現場の負担を低減しつつ、IT基盤の拡張性や俊敏性の向上といったハイブリッドクラウドのメリットを十分に引き出すには、一体どんな手だてを講じればいいのか。ヒントは、ハイブリッドクラウドの実績において、日本を大きく先行する米国にある。米国ではかなり前から、多くのベンダーがハイブリッドクラウド時代の本格到来に備え、ハイブリッドクラウドの利用や運用に役立つ製品、サービス群(以下、ソリューション)を提供している。またユーザー企業も、それらをいち早く導入してハイブリッドクラウドの効率的な運用と、それによるビジネスパフォーマンスの向上を達成している。

 残念ながら日本は、こうした米国の動きに大きく後れを取っているといわざるを得ないが、中には例外もある。ある国内システムインテグレーター(以下、SIer)は、米国シリコンバレーに長年に渡り拠点を設け、現地の最新動向をいち早くキャッチしながら、その成果を自社のハイブリッドクラウドソリューションに着々とフィードバックしているという。米国駐在員が語るその技術とは。

提供:ネットワンシステムズ株式会社

提供:ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部