2017年12月07日 09時00分 公開
特集/連載

より安価でより高いスループットを提供するHCI「ハイパーコンバージドはちょっと」という人に知ってほしいNVMeとSDSの深い関係

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は仮想サーバシステムの利用を選択している管理担当者にとって魅力的な選択肢だ。登場から少し時間がたち、性能も向上している。改めて知るべきポイントを解説する。

[Jim O'Reilly,TechTarget]
画像 1つずつチェックしてみよう

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、複数のサーバとストレージを1つの製品として集約しており、単一のベンダーが提供する。ディスクドライブ技術の高速化や大容量化に伴い、ローカルストレージが高価なディスクアレイに取って代わるようになってきている。ローカルドライブのスピードや容量は現在も増加し続けているため、管理担当者にはハイパーコンバージドサーバのメリットを再度吟味し、従来の選択肢と比較することをお勧めしたい。ポイントを5つに絞って解説する。

ディスクドライブが進化

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...