2017年12月07日 05時00分 公開
特集/連載

アルゴリズムよりもデータAI時代に生き残る企業がきっと備える“4つの習慣”

AI時代において企業に先発者優位性を与えるのは、アルゴリズムではなくデータだ。深層学習の第一人者であるアンドリュー・ウン氏がその理由を説明し、AIを活用する企業に共通する4つの“習慣”を紹介する。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

CIO | データ分析 | 機械学習


アンドリュー・ウン氏《クリックで拡大》

 人工知能(AI)は新たな電気のようなものだ――。深層学習(ディープラーニング)の第一人者であるアンドリュー・ウン氏はそう指摘する。今から1世紀ほど前に電気があらゆる主要産業に変革をもたらしたのと同様に、AIは世界を大きく揺るがすテクノロジーとなるだろう。ただしそれはまだ先の話だ。

 ウン氏によれば、今のところAIが創出する経済価値の99%は「教師あり学習」によるものだという。教師あり学習のアルゴリズムは人間を教師とし、膨大な量のデータを学習しなければならない。骨は折れるが、高い成果を挙げることが実証された方法だ。

 例えばAIアルゴリズムは今では、猫の画像を猫と判断できる。だが、そのためには「猫」とラベル付けされた何千枚もの画像を見せ、「猫とはどのようなものか」を学習させる必要があった。人の発言内容を理解できるAIアルゴリズムについても同様だ。主要な音声認識システムはいずれも完成までに5万時間分もの音声データとその書き起こしデータの学習を必要とした。

 ウン氏は、現状のAIにとって競争上の差別化要因となり得るのはアルゴリズムではなくデータだと考える。トレーニングを受ければ、アルゴリズムは模倣することができるからだ。

 ウン氏は最近『MIT Technology Review』が開催したカンファレンス「EmTech」で次のように語った。「オープンソースのアルゴリズムが大量に存在し、情報はすぐに広まる。大半の企業にとって、他社がどのようなアルゴリズムを使っているかを知るのはそれほど難しいことではない」。AI業界の権威として知られるウン氏は現在、スタンフォード大学のコンピュータサイエンス学部で非常勤教授を務めている。

 ウン氏はプレゼンテーションにおいてAI時代の現状について説明した後、今後AIを活用する企業が共通して備えることになるであろう4つの特徴を紹介した。職務内容の変化はそのうちの1つだ。

正のフィードバックループ

 今のAI時代において、データは極めて重大だ。ただし企業はGoogleやFacebookのようにならなくてもAIのメリットを享受できる。必要なのは、ひとまずプロジェクトを立ち上げるのに必要なデータを確保することだけだ。そうした始動用データを用いていったん顧客を獲得すれば、次は顧客がその製品向けのデータを生み出すという好循環が生まれる。

 「こうして正のフィードバックループが形成される。しばらくすれば、事業継続に必要十分な量のデータをおのずと確保できるようになるはずだ」とウン氏は語る。

 ウン氏のスタンフォード大学の教え子たちはまさにこの手法を用いて、テクノロジーで農業を変革するAgTech分野のスタートアップ企業Blue River Technologyを立ち上げた。Blue River Technologyはコンピュータビジョンとロボット工学と機会学習を組み合わせて農場管理に役立てることを目指している。共同創業者たちはまずレタス事業から着手すべく、レタスの画像を大量に撮影して十分なデータ量を確保し、レタス生産者の支持を取り付けることに成功した。「恐らく現在、彼ら以外にこれほど多くのレタス画像を保有している企業は、世界中のどこにもいないだろう」とウン氏は語る。

 実際こうした大量のデータが彼らのビジネスを極めて有望なものにしている。「私の知る限り、世界的な大手IT企業でもこれほど大量には特定分野のデータを保有していない。たとえ大手IT企業であっても、Blue River Technologyの事業分野に参入するのは結構な挑戦となるだろう」とウン氏は語る。

 2017年9月には農業機械メーカーのJohn Deereが同社を3億ドルで買収し、こうしたデータ資産には数億ドルの価値があることが実際に証明された。

 「データ集積は、AIと深層学習の時代にあって、企業戦略が今後どのような方向に変化していくかを示す一例といえる」とウン氏は語る。

AI企業に共通する4つの習慣

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...