2017年12月12日 09時00分 公開
特集/連載

Forresterが注目プログラマーの仕事がついになくなる? 2020年を占う「10大テクノロジートレンド」 (1/2)

人工知能(AI)テクノロジーの進化が、ITやビジネスを劇的に変える可能性がある。将来の2020年に向けて注目すべきテクノロジートレンドを見ていこう。

[Mekhala Roy,TechTarget]

関連キーワード

CIO | 技術解説


画像 Forresterが発表したテクノロジートレンドを紹介

 最高情報責任者(CIO)よ、計画を捨てよ。

 「2020年、人間の仕事内容は今とは全く違うものになっているだろう」――。こう述べるのは、調査会社Forrester Researchでアナリストを務めるブライアン・ホプキンス氏だ。同社はIT部門の責任者に影響する、主要なテクノロジートレンドに関する最新レポートを公開した。TechTargetは、レポートの共著者であるホプキンス氏に話を聞いた。

表 Forresterが発表したテクノロジートレンド
進行速度 トレンド
ゆっくりと進行中 ・分散型信用評価システムが中央管理機関に肉薄
・インサイト(洞察)駆動型企業がライバルを超越
進行中 ・ソフトウェアが自ら学習
・自動化したセキュリティインテリジェンスと侵害対策がセキュリティ/リスク管理の負担を解消
・文脈的プライバシー(Contextual Privacy)がブランド価値向上を加速
・IoT(モノのインターネット)がエッジコンピューティング(IoTデバイス付近でのデータ処理)へシフト
加速中 ・パブリッククラウドがビジネス革新を加速
・従業員エクスペリエンス(経験価値)がアプリケーションを再定義
・デジタル従業員(ロボットなど)がホワイトカラー労働力化
・カスタマーエクスペリエンスが没入型へ変化

 テクノロジートレンドの一覧に挙がった「ソフトウェアが自ら学習」というトレンドにより、企業がここ数年で大量に作成した3カ年計画や5カ年計画は「時代遅れになるし、実際にそうなってきている可能性がある」とホプキンス氏は指摘する。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...