2018年01月11日 10時00分 公開
PR

「k-匿名化」の課題を解決するアルゴリズム個人情報保護法の改正で進むパーソナルデータ活用、より安全な匿名加工情報とは

改正個人情報保護法で新設された「匿名加工情報」制度は、個人識別性を持たない行動情報などの利活用を促す。前提となる「匿名加工」における、より安全な手法を解説する。

[ITmedia]

 2017年5月に全面施行された改正個人情報保護法は、規制対象の拡大や個人情報の定義の明確化、罰則規定の新設などを盛り込み、企業にこれまで以上の義務を課している。その一方で、個人識別性を持たない行動情報などの利活用を促す「匿名加工情報」制度を新設し、一定条件を満たせば本人の同意がなくても第三者にデータ提供を可能にする道を開いた。利活用の前提となる「匿名加工」とはどのようなものなのか。そして加工のためにどのような手法が存在するのだろうか。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部