2017年12月28日 10時00分 公開
PR

HCI調査レポートから見る導入目的と課題HCIの認知度は7割超 読者調査から見えた企業の本音とは?

キーマンズネットとTechTargetジャパン会員を対象に、ハイパーコンバージドインフラに関する読者調査を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。

[ITmedia]

 キーマンズネットとTechTargetジャパンは、2017年8月17日〜9月14日および2017年11月9日〜11月29日の2回にわたって、両会員を対象に「ハイパーコンバージドインフラに関する読者調査」を実施した。次世代の仮想化インフラとして注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)について、調査結果を基に導入の状況や目的などを解説する。

調査概要

目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「ハイパーコンバージドインフラ」について調査するため

方法:Webによるアンケート

調査対象:TechTargetジャパン会員、キーマンズネット会員

調査期間:第1回 2017年8月17日(木)〜2017年9月14日(木)/第2回 2017年11月9日(木)〜2017年11月29日(水)

総回答数:622件

※回答の比率(%)は小数点第2位を四捨五入し表示しているため、比率の合計が100.0%にならない場合があります。


HCI導入の目的は「コスト削減」

 “次世代仮想化インフラ”として注目を集めるHCI。仮想化基盤をHCIで構築することで、従来と比較し導入期間をかなり短縮できる上に、スケールアウト型で拡張しやすい、メンテナンスも容易など多数のメリットが挙げられている。その中でもやはり多くのユーザーが気になるのは「コスト削減」。実際に、今回の調査でもHCI導入の目的では「ITインフラのコスト(TCO)削減」が63.8%でトップという結果になった。

図1 図1 HCI導入、検討の目的《クリックで拡大》
提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部