2018年01月21日 05時00分 公開
特集/連載

戻せないバックアップを取っていませんかWindows 10担当者が喜ぶ「無料で優秀」なバックアップユーティリティーとは (1/2)

バックアップと復元のツールにとって重要なのは信頼性だ。「これさえ入れれば」とはいかないが、無料でも優れた機能を提供してくれるツールは存在する。本稿では、サードパーティー製ユーティリティーを紹介する。

[Ed Tittel and Kari Finn,TechTarget]
画像 バックアップは最新に

 適切かつ最新のバックアップが重要であることは言うまでもない。Windows 10のバックアップとそれをPCに復元する優れたツールがITプロフェッショナルの手元にあれば、ソフトウェアの大半の問題は解決できる。

 最善はイメージバックアップだ。イメージバックアップでは、ドライブのスナップショットを取得できる。このスナップショットには、コンテンツとディスクレイアウトの両方がキャプチャーされる。このようなバックアップを復元すると、影響を受けたドライブ全体がイメージのスナップショットに置き換わる。そのため、復元プロセス開始時にディスクに存在した問題は、スナップショットによってドライブのコンテンツが上書きされた時点で全て解消される。

 Windows 10用バックアップユーティリティーにとって、必要なイメージをキャプチャーしてWindows 10インストールを復元するのは当然のことだ。質の高いバックアップユーティリティーはそれ以上の機能を提供する。例えば、バックアップイメージを仮想ドライブとしてマウントできる。その結果、イメージのコンテンツを実行時に利用でき、ベアメタルPC(OSを搭載しないPC)にイメージを復元できる。また、ブート可能なメディア(USBフラッシュドライブなど)や光メディア(書き込み可能なDVDディスクなど)で実行される一連のシステム修復ツールを含むユーティリティーもある。こうした機能は全て、破損したWindowsインストールを復元する際や、失敗したアップグレードから復元する際に重要になる。

バックアップと復元のWindows 10組み込みツール

 Windows 10にも「バックアップと復元」ユーティリティーが含まれている。Windows 7を連想させるこのユーティリティーは、IT担当者がWindows PCで長年使用してきた実用に特化したツールだ。このユーティリティーで大半の機能はまかなえるが、特定のイメージバックアップが読み取れなかったり、使えなかったりすることがある。

 復元できない可能性があるこのユーティリティーに依存するのは危険だ。優れたバックアップとはIT担当者がいつでも復元できるバックアップだ。このユーティリティーを使用するのは、ポリシーで定められている場合や慎重に選んだ結果これしかない場合など、どうしても使用しなければならない場合に限るべきだ。

Macrium Softwareの「Macrium Reflect Free」

 Macrium Softwareは、バックアップと復元のユーティリティーとして「Macrium Reflect」を提供している。このユーティリティーには無料版と商用版がある。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。