2018年01月23日 10時00分 公開
PR

「変わっていくもの」に時間をかけない東京ガスiネットが実現したクラウド活用 鍵になるのは「都合の良い」クラウド

社会インフラを担う企業が取り組んでいるクラウド活用術、その秘密は「自社に都合の良い」クラウド基盤を選ぶこと。本稿ではその選び方を教える。

[ITmedia]

 最近、さまざまな場所や企業で「デジタルトランスフォーメーション」というキーワードを聞くようになった。デジタルテクノロジーを活用して、ビジネスを進化させるデジタルトランスフォーメーションの動きは、企業規模や業種を問わず広がっている。企業がデジタルトランスフォーメーションを進める上で重要になるのが、変化に即応できるインフラの構築である。その具体的かつ現実的な手段がクラウドだ。

 本稿では、とある社会インフラ系企業のIT担当者の話を基に、同社がデジタルトランスフォーメーションの一環として進めているクラウド活用の実態を明かす。国内ではセキュリティの懸念から、クラウド活用に乗り出せていない企業がいまだにある。そうした中で、一般的な企業以上に信頼性や安定性を重視する社会インフラ企業が、クラウド活用を実践する理由とは何か。同社が取り組みの中で見いだしたクラウド活用の勘所と併せて紹介する。

※本稿は、@ITからの転載記事です。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部