2018年01月25日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」を多彩なセキュリティ機能で保護「Windows Defender」は今やウイルス対策だけじゃない 新たな3大機能をチェック

Microsoftは「Windows 10」の大型アップデートのたびに、セキュリティ機能を拡充している。こうしたセキュリティ機能の中から、「Windows Defender」ブランドの主要機能3種を紹介しよう。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像 Windows Defender機能群でWindowsの守りを固める

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」が標準搭載するセキュリティ機能群「Windows Defender」は、ウイルスなどのマルウェア対策だけでなく、企業向けに高度かつ幅広い機能をそろえる。同社は「Windows 10 Anniversary Update」「Windows 10 Fall Creators Update」といったWindows 10の大型アップデートで、Windows 10の保護機能を強化すべく、Windows Defenderブランドの新機能を追加してきた。

 Windows Defenderブランドの各機能は、それぞれ異なる方法でセキュリティを強化する。ここでは以下の主要3機能について、詳しく見ていく。

  • Windows Defender Advanced Threat Protection(以下、Windows Defender ATP):脅威の検知やセキュリティインテリジェンス(脅威情報)を基にしたセキュリティ対策に効果を発揮
  • Windows Defender Exploit Guard(以下、Windows Defender EG):侵入からの保護を強化
  • Windows Defender Application Guard(以下、Windows Defender AG):Web閲覧の安全性を確保

Windows Defender ATP

 エージェントレスのセキュリティサービスであるWindows Defender ATPは、LANに無理やり侵入しようとする攻撃の素早い検知や対処を支援する。Windows Defender ATPと連携する「センサー」は、各Windowsデバイスからプロセス、レジストリ、ファイルなどの動作に関するデータを収集。Windows Defender ATPが稼働するクラウドに、そのデータを送信して保存する。

 Windows Defender ATPは、McAfeeの「McAfee Dynamic Endpoint Threat Defense」やSymantecの「Symantec Advanced Threat Protection」をはじめとする競合製品と同様、システムの健全性や状態のアップデート機能、セキュリティ問題の解決に向けた推奨情報などを提供するポータルなどを用意する。

 管理者はWindows Defender ATPのポータルを使用し、Windows 10デバイスのセキュリティ状況を確認したり、Windows Defender ATPの設定を変更したりできる。このポータルを「Windows Defenderセキュリティセンター」と混同してはいけない。IT担当者はWindows Defenderセキュリティセンターを使うと、マルウェア対策やファイアウォールなどのセキュリティ製品/機能の設定ができる。

 Windows Defender ATPは、エンドユーザーが訪問したWebサイトやアクセスしたファイルを含む「タイムライン」という詳細な時系列ログを出力できる。このタイムラインは、デバイスごとに常にアップデートされる。IT担当者にとって、どのようにして侵害が起こり、今後どうすれば侵害の発生を防止できるのかを調査する場合に、非常に貴重なものになり得る。

Windows Defender EG

 Windows Defender EGは、Windows 10への侵入に対する以下のような保護機能を提供する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...