2018年01月29日 10時00分 公開
PR

セキュリティ人材不足はSoC-in-a-Boxで解消AIがセキュリティ人材を丸ごと代行、次世代の脅威対策とは

サイバー攻撃が日々進歩し、高度な対策が求められる一方で企業のリソースは限られる。今求められているのは、セキュリティ技術者の仕事を自動化する製品だ。

[ITmedia]

 企業を狙った悪質なサイバー攻撃が後を絶たない。近年では、特定の企業を狙い撃ちした標的型攻撃や、身代金目的でコンピュータ内のデータを強制的に暗号化するランサム攻撃などの被害が急増している。また、ビジネスパートナーやサプライチェーンを利用して情報を窃取しようとする高度なサイバー攻撃のリスクは、大企業だけでなく情報セキュリティ対策に多くの予算や人員を投入できない中堅・中小企業も同様に認識すべき問題だ。

 多くのセキュリティ製品が生まれているが、使いこなすには高いスキルが不可欠だ。人材を社内に抱える大企業ならいざ知らず、ただでさえIT人材不足に悩む中堅・中小企業では、セキュリティ人材の雇用など「夢のまた夢」。

 だが、AIの急激な進化が、こうした課題の突破口となるかもしれない。高いスキルを持つセキュリティ技術者にしかできなかった仕事の一部をAIに肩代わりさせることで、人材不足に悩む企業でも高度なセキュリティ対策を導入できるのだ。

 しかも「最低価格168万5000円〜」と、中堅・中小企業でも十分に導入可能な価格帯の製品も登場した。果たして企業の重要な情報資産を本当に守ってくれるのだろうか。その実力を探っていくことにしよう。

提供:株式会社 インフォメーション・ディベロプメント

提供:株式会社 インフォメーション・ディベロプメント
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部