2018年02月10日 05時00分 公開
特集/連載

すぐ読める ちょっと得する「Windows 10」小技集Windows 10の「コントロールパネル」と「設定」の違いとは? どちらを使うべきか?

「Windows 10」には「コントロールパネル」「設定」という2種類の設定ツールがある。これは「Windows 8」の名残だ。どちらのツールを使えばよいのか。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 コントロールパネルと設定画面は何が違うのか

 「Windows 10」には設定ツールとして「コントロールパネル」と「設定」(以下、設定画面)の2つがある。「余分ではないか」と考える人もいるだろうが、それぞれ、やや異なる役割がある。

 「Windows 8」をリリースする際、MicrosoftはタブレットとクライアントPCの両方で実行できるOSを作ろうと考えていた。タブレットのエンドユーザーは全画面表示の「スタート画面」から作業することがほとんどで、PCのエンドユーザーは大半の作業をデスクトップでこなす――これが同社の想定だった。そのため各モード別に、異なる方法で設定ツールを利用できるようにしたのだ。

 Microsoftは、Windows 8のコントロールパネルには「Windows 7」と同じ設定メニューを用意した。対してタブレットモード向けの設定画面には、コントロールパネルの設定メニューの一部と幾つかの追加メニューを用意。タブレットなどのタッチディスプレイ搭載デバイスでの利用を前提にデザインしていた。

 Windows 8のユーザーインタフェース(UI)は「一貫性がない」といわれることもあった。そのためMicrosoftはWindows 10を設計する際、ある重要な目標を定めた。PCでもモバイルデバイスでも同じように機能する、まとまりのあるUIの構築だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...