2018年02月10日 05時00分 公開
特集/連載

すぐ読める ちょっと得する「Windows 10」小技集「Windows 10」のセーフモードを“F8キー連打”で起動するには

「Windows 10」をセーフモードで起動する方法は、旧バージョンのWindowsとは異なる。ただし環境や設定によっては、従来と同様の方法で起動できるようになる。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 Windows 10をセーフモードで起動する方法は、従来とは異なる

 長年にわたって「Windows」の重要な役割を担っている機能が「セーフモード」だ。セーフモードは、必要最小限のドライバ群のみを読み込んで、Windowsを起動できるようにする。

 エンドユーザーが不適切なデバイスドライバをインストールしてしまい、Windowsを起動できなくなった場合、セーフモードを使えば機能制限を設けた上でWindowsを起動できる。問題を起こしているデバイスドライバを削除し、適切なドライバに置き換えるチャンスが得られる。

 場合によっては、不具合をもたらす設定/構成の変更からの回復も可能になる。例えば利用中のビデオカードやモニターでは処理できないディスプレイ解像度を設定してしまうと、Windowsは正常に起動できていても、ディスプレイに何も表示されない場合がある。セーフモードで起動すれば、ディスプレイの解像度をリセットできる可能性がある。

 旧バージョンのWindowsでは、起動プロセスの早い段階でキーボードの「F8」キーを何度か押すと「詳細ブートオプション」画面が表示される。この画面で矢印キーを使ってセーフモードのオプションを選び「Enter」キーを押せば、Windowsがセーフモードで起動する。

 Windows 10では、標準ではこの方法を使ってセーフモードを起動することはできない。ただしPCの環境によっては設定を変更することで、同じ方法で起動できるようになる。

本稿で紹介する手法は、Windowsの起動に関連する設定を操作します。設定内容によってはWindowsが正常に起動しなくなる可能性があります。実行を許可されたスタッフが、あくまでも自己責任において実行してください。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...