2018年02月12日 05時00分 公開
特集/連載

AI(人工知能)やサーバレスのトレンドに対応キャリアアップをしたいクラウドエンジニアなら当然知っておきたい5つのスキル (2/2)

[Kathleen Casey, Kristin Knapp,TechTarget]
前のページへ 1|2       

マイクロサービスとコンテナの知識が必須

 既存のアプリケーションをリファクタリングしてクラウドに移行しようと奮闘する企業がある一方で、クラウドに最適化されたアプリケーションを一から開発しようという企業も増えつつある。こうしたクラウドネイティブなアプリケーションは、処理の自動化やスケーラビリティなど、クラウドのメリットを活用することを最初から想定して開発されている。

 2018年には、クラウドネイティブなアプリケーションを好む傾向が加速することが予想される。その結果、企業にはクラウドネイティブなアプリケーションの開発に役立つスキルを持つ人材が必要となる。求められるのは、マイクロサービスやコンテナの他、Kubernetes、「Apache Mesos」「Docker Swarm」といったコンテナオーケストレーションエンジンなどのスキルだ。

前のページへ 1|2       

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...