2018年02月15日 05時00分 公開
特集/連載

今理解すべき「CASB」の実力【第4回】「CASB」(Cloud Access Security Broker)製品の失敗しない選び方 4つのポイント (1/2)

自社のニーズに合った「CASB」(Cloud Access Security Broker)製品を選定するには、何に注意すればよいのか。選定をうまく進めるためのポイントを紹介する。

[三島千恵,ネットワンシステムズ]
画像 CASBの選定ポイントをチェック

 第3回の「クラウドセキュリティの“本命” 『CASB』が備える4大機能とは」まで3回にわたって、「CASB」(Cloud Access Security Broker)の生まれた背景や機能を紹介してきました。最終回の今回は、実際にCASB製品の導入を検討する場合に、製品選定で注目すべきポイントについて解説します。

 「クラウドサービスのコントロールポイント」という役割を担うCASB製品は、自らもクラウドサービスとして提供されることが一般的です。本稿では提供形態によらず「CASB製品」と呼ぶことにします。CASB製品の選定時に注目すべきポイントは、主に以下の4点です。

  1. 選択可能な導入構成
  2. 運用性向上の工夫
  3. 新サービスや仕様変更への追従体勢
  4. CASBベンダーのセキュリティ対策

選定ポイント1:選択可能な導入構成

 CASB製品には主に3種類の導入構成があり、どの導入構成を選択できるのかはCASB製品によって異なります。CASB製品が提供できる機能の大枠は、導入構成によって決まります。目的や環境に応じて、選択すべき導入構成は変わります。選択可能な導入構成を把握することが、CASB製品選定の第一歩と言ってよいでしょう。

  • ログ収集・解析構成
    • エンドユーザーとクラウドサービスとの間の通信経路外にCASB製品を配置し、社内LAN内のファイアウォールやWebプロキシのアクセスログを収集
    • 製品によってはオプションとしてエージェントを用意し、通信時にオンプレミスのファイアウォールやWebプロキシを通過しないデバイスのアクセスログを収集
  • API(アプリケーションプログラミングインタフェース)連携構成
    • エンドユーザーとクラウドサービスとの間の通信経路外にCASB製品を配置し、クラウドサービスとAPI連携
  • プロキシ構成
    • エンドユーザーとクラウドサービスとの間の通信経路内に、プロキシとしてCASB製品を配置
    • 製品によってはオプションとしてエージェントを用意し、エンドユーザーの通信をCASB製品のプロキシ経由になるように制御

 導入目的が「シャドーIT」のセキュリティ対策なのか、「サンクションIT」のセキュリティ対策なのかによって、適切な導入構成は異なります。第1回「クラウドセキュリティの“熱い”キーワード『CASB』とは何か? 誕生の理由は?」で紹介した通り、企業のIT部門が認知しておらず従業員が個別に利用しているクラウドサービスがシャドーIT、企業が利用を許可しているクラウドサービスがサンクションITです。

シャドーITのセキュリティ対策に適した導入構成

 シャドーITのセキュリティ対策が目的である場合、適切なCASB製品の導入構成は「ログ収集・解析構成」と「プロキシ構成」の2通りです(表1)。企業にとってシャドーITの主な懸念は、社内に存在する機密情報の持ち出しです。そのためシャドーITのセキュリティ対策を目的とするのであれば、CASB製品の主な監視対象は社内のエンドユーザーになります。ログ収集・解析構成とプロキシ構成のCASB製品は、いずれも社内LANとクラウドサービスとの間の通信を監視、制御するのに適しています。

表1 シャドーITのセキュリティ対策に適したCASB製品の導入構成
構成 ログ収集・解析構成 プロキシ構成
概要 ・通信経路にあるファイアウォールやWebプロキシのアクセスログを収集、解析 ・通信経路内で通信を直接検査、制御
メリット ・導入が容易
・通信に影響なし
・単体でアクセス制御が可能
・可視化、脅威からの防御、コンプライアンス、データセキュリティ機能を全て提供可能(注2)
デメリット ・単体ではアクセス制御が不可能
・可視化、脅威からの防御機能のみ提供可能(注1)
・導入が困難(注3)
・通信に影響あり(注4)
※注1:通信内容を検査できないため。
※注2:通信内容を検査できるため。
※注3:エンドユーザーのデバイスに、SSL通信解析用のSSLルート証明書を導入する必要がある。
※注4:遅延が発生したり、CASB製品障害時に通信が途切れたりする可能性がある。

 保有する情報資産の重要度やシャドーITに対する姿勢によって、企業がシャドーITに対して取るべきアクションは異なります。どのようなアクションを取るべきかによって、適切なCASB製品の導入構成は変わります。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news114.jpg

GoogleアナリティクスとShirofuneが連携
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、1分で終了する簡単な設定だけでGo...

news106.jpg

「PIA DMP」、CCIが提供する「BEYOND X PMP」へのデータ提供を開始
ぴあデジタルコミュニケーションズは、同社が提供するDMPサービス「PIA DMP」がサイバー...

news074.jpg

アクセンチュアが提唱、成果を出すためにB2Bマーケターは「やりたいこと」をいったん捨てよ
アクセンチュアの矢野一路氏による講演「デジタル化の未来と求められる営業・マーケティ...