2018年02月23日 10時00分 公開
PR

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー時間とコストをビデオ会議で削減、ビデオ会議を上手に活用するテクニックとは?

ビデオ会議は、通常の会議と比べて、移動時間が不要で交通費の削減にもつながるなどのメリットがある。その一方で、細かなニュアンスは伝えづらい点がデメリットだ。この課題を解決するテクニックとは?

[ITmedia]

 ビデオ会議を活用する企業が増えている。ビデオ会議は、通常の会議と異なり、本社と支社の間で会議を行っても移動時間が不要で、交通費の削減につながるなど、多くのメリットがある。しかし、デザインの打ち合わせを行う場合など、会議の内容によっては、細かなニュアンスをビデオ会議では相手に伝えづらく、苦労したという経験があるユーザーも多いはずだ。

 この課題をカバーしつつ、ビデオ会議を円滑に行う方法が、「Windows Ink」の活用だ。Windows Inkとは、PCに表示されている画面を取り込み、ペンツールで手書き文字やイラストなどを描けるアプリだ。Windows 10に搭載されている。このアプリを活用し、取り込んだ画面や写真に手書きで指示を書き込んで会議相手と共有すれば、言葉では伝えづらいニュアンスも相手に伝えることができる。

 本資料では、Windows Inkを会議で活用する方法やWindows Inkを活用する上で重要ポイントとなるペンの書き心地を追求したPCを紹介する。

ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

レノボ・ジャパン株式会社

URL:https://www.lenovojp.com/business/

TEL:0120-68-6200(平日9時〜17時30分)

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com