2018年02月25日 05時00分 公開
特集/連載

バックアップは定期的に個人データをバックアップするなら? ベストプラクティス3選

あなたのデータは安全だろうか。バックアップのベストプラクティスには、データの定期バックアップや、異なる種類のドライブとメディアの活用などがある。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

ハードディスク | バックアップ


画像 「バックアップ/リカバリーの重要項目」と「バックアップ/リカバリーの不満項目」(出典:TechTargetジャパン、2017年3月「企業のバックアップ/リカバリー環境に関するアンケート調査」)《クリックで拡大》

 データバックアップには多数のベストプラクティスがある。本稿では個人がデータのバックアップをする上で特に重要なプラクティスを3つ紹介する。

 HDDの障害が発生したり、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃の結果としてデータが勝手に暗号化されてしまったりした場合、前回バックアップをした以降に作成または変更したデータは全て利用できなくなる可能性がある。そのため、使用しているデータは定期的にバックアップする必要がある。それをしないのは、個人が自身のデータに関して犯す最も一般的な間違いだ。

 個人データバックアップのベストプラクティスの2つ目は、バックアップしたデータを必要に応じて実際に復元できるかどうかをテストすることだ。例えば、古いPCや仮想マシンにデータの復元を試みて、適切に機能することを検証する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...