2018年03月02日 05時00分 公開
特集/連載

「不機嫌な職場」よりも「ご機嫌な職場」で社員のストレスを軽減するユニークな福利厚生7選 電子メールや会議の廃止も (2/2)

[James A. Martin,TechTarget]
前のページへ 1|2       

4.従業員にストレス解消法のWebセミナーを提供

 Pacific Gas and Electric Company(PG&E)は自社の2万人を超える従業員に対して従業員支援プログラム(EAP)を提供している。「このEAPにはセラピーカウンセリングが含まれ、従業員は電話またはビデオチャットを使って個別面談を受けられる」とPG&Eの広報担当者であるアンジェラ・フアレス・ロンバルディ氏は言う。

 EAPはPG&Eの包括的な健康増進プログラムの一部であり、ストレス関連のトピックを扱うWebセミナーが頻繁に配信される。「例えば、過去のWebセミナーでは人前で話すことへの不安やパニック発作、鬱(うつ)、高齢の両親の介護、現代生活におけるその他のストレスなどへの対策を扱ってきた」とフアレス・ロンバルディ氏は述べた。2017年の1年間の間に、PG&Eの従業員の17%以上がこれらのWebセミナーやその他の健康増進プログラムに関する福利厚生を利用した、と彼女は言い、「従業員はこれらを利用することで一層積極的に健康を気に掛けるようになった」と付け加えた。

5.心地よい環境を構築

前のページへ 1|2       

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...