2018年03月16日 10時00分 公開
PR

次世代IPSを超えたXGen IPS高精度なポリシーセットで容易な導入・運用を可能にする次世代IDS/IPSとは

自社システムを外部の不正アクセスから守るIDS/IPSは、過検知・誤検知をなくすためのチューニングが面倒な場合が多い。だが、この課題をクリアした次世代IDS/IPSがある。

[ITmedia]

 セキュリティパッチがリリースされると速やかに適用し、対策しなければいけないことは重々分かっていても、さまざまな条件のために先延ばしにせざるを得ないケースは少なくない。このような状況に対し、パッチ適用など根本的な対策を施すまでの間、システムを侵害から守ってくれる手段の1つが、ネットワーク型の不正侵入検知/防御システム(IDS/IPS)だ。ファイアウォールに次いで古くから存在するネットワーク型のセキュリティソリューションだけに、既に導入している企業も多いことだろう。

画像

 だが、これまでのIDS/IPSには幾つか課題があった。中でも、導入時と運用時の「ポリシーのチューニングの手間が大きく、負担だ」という意見はしばしば聞かれてきた。そこで、チューニングレスで導入可能なIDS/IPSを紹介したい。世界で多くの導入実績を誇るトレンドマイクロのTippingPointだ。

 推奨ルールでの運用を前提とした製品設計になっているため、導入後に時間をかけたチューニングをすることなく、すぐに防御を実現できる。IDS/IPSの導入に当たっては月単位の日数を要することもあるが、TippingPointは数日で導入が完了してしまうほどだ。また、攻撃を自動的にブロックする精度の高いポリシーが提供されるため、運用の負荷も軽減できるだろう。

 本稿では、チューニングレスで強力な防御を実現するソリューションについて、その詳細に迫っていきたい。

提供:トレンドマイクロ株式会社

提供:トレンドマイクロ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部