2018年03月14日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド開発者にとって「クラウドネイティブ」が意味すること

クラウドネイティブアプリを構築する場合、開発者は演算処理とストレージと分析がどこで行われるかを本質的に理解してコーディングをしなければならない。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
Computer Weekly

 アプリケーション開発者の世界では考え方の飛躍が起きている。サービスベースのクラウドモデルを採用する必要性に突き動かされ、今、開発者が向かう世界ではクラウドファーストとアプリケーション実行パラダイムを実証する必要性が増している。クラウドネイティブ時代の到来だ。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 だがある意味で、ソフトウェアの世界は同じような経験を経てきた。10年ほど前、プログラマーは、自分たちのアプリケーションがモバイルファーストでなければならないことをいや応なく認識させられた。Appleの革新がもたらした新世代のスマートフォンとタブレットに対応するためだ。

 ある意味で、クラウドネイティブアプリケーションへのシフトはこれと似ている。開発者は自らクラウドファーストを宣言しなければならない。演算処理とストレージと分析が行われる場所を本質的に理解してコーディングしなければならない。ほとんどの場合、その場所とはオンプレミスではなく、パブリッククラウドでホスティングされた仮想サーバでさえない。

 それよりも開発者は、マイクロサービスやコンテナ化といった概念に基づく、区分化されたアプリケーションコンポーネントの完全な新しいスタックに慣れなければならない。

 実際のところ、Sumo Logicが同社顧客1500社の調査に基づいてまとめた報告書「The State of Modern Applications in the Cloud Report - 2017」(2017年のクラウドにおけるモダンアプリケーションの現状)によると、Amazon Web Services(AWS)上のDockerは、本番環境におけるコンテナ技術として最も人気が高いだけでなく、インストールベースは2016年の17%から、2017年には24%へと増大した(訳注)。

訳注:同報告書については、「Computer Weekly日本語版 11月1日号:GDPR時代のメールセキュリティ対策総まとめ」収録の「AWSで最も使用されているOS&データベース、Docker導入率は?」も参照されたい。

 Computer Weeklyは、多数の業界エキスパートに話を聞き、クラウドアプリケーション開発の現場で経験されている幾つかの厳しい現実を掘り起こした。

精神的・プログラミング的抽象化

 顧客アイデンティティー、検索、クラウドサービスに関するコンサルティング企業Amidoの技術ディレクター、クリス・グレイ氏は、クラウドネイティブとはサーバレスのことだと解説する。「基本的には、サーバレスアーキテクチャに移行して、『Azure App Service』や『AWS Elastic Beanstalk』『ECS』のような管理型サービスプロバイダーの利用を選択できる。そうすることによって、複数のチームを持つこと(注)に伴うコストを排除し、プラットフォームツールを使ってシンプルに開発と運用ができるスキルを持った従業員を多数抱えることができる」

注:1つのチームがアプリケーションやソリューション開発のプログラミングを担当し、別のチームはそれが順調に運用されていることを確認するなど。

 結果として、IT部門がデータパイプラインや機械学習アルゴリズムといったデータ処理の複雑な要素を実装するために、できるだけ多くのスペシャリストを採用する必要はなくなる。そうした要素は全てドラッグ&ドロップインタフェースになるので、開発者はインフラとアルゴリズムの構築ではなくデータが導き出す洞察に集中できる。

 ただ、一部のクラウドネイティブプラットフォームを取り入れる場合、サプライヤーに依存しない状態を継続するのは難しいかもしれない。そうしたプラットフォームの仕組みにはそれぞれ大きな違いがあり、機能パリティーは提供しないからだ。クラウドネイティブアプリケーションは、マイクロサービスを中心として構築し、機能のまとまりを孤立させることができる。

 グレイ氏の経験では、マイクロサービスアーキテクチャはオール・オア・ナッシングを前提とする必要はない。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

「GoPro HERO6 Black」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news013.jpg

「AIに仕事を奪われる」 4割の若者が不安を感じている――SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンスが、全国の高校生と大学生、専門学校生を対象に、AIへの...

news021.jpg

ドミノ・ピザ ジャパンは「メールマーケティングあるある」な悩みをどう乗り越えたのか
売り上げの中心がモバイルにシフトする中、ECからの受注率80%という目標を掲げるドミノ...