2018年03月16日 09時00分 公開
特集/連載

Gartnerの評価レポート機械学習プラットフォームでH2O.aiやKNIMEなど小規模ベンダーが躍進

データサイエンスと機械学習の市場は急速に拡大している。調査会社Gartnerの最新レポートによると、急増する市場の需要に素早く対応できる小規模ベンダーが大手を抑えてリードしているという。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

 調査会社Gartnerは、データサイエンスと機械学習のプラットフォームに関する2018年版評価レポート「Magic Quadrant for Data Science and Machine-Learning Platforms」を発表した。今回はH2O.aiやKNIMEといった小規模なベンダーが大手のIBMやMicrosoft、SAPを抑えて「リーダー」として評価され、「アドバンストアナリティクス」という用語の実質的な生みの親であるSAS Instituteと並んだ。

 同レポートは、アナリティクスプログラムが成熟に向かい、アプリケーション開発者などデータサイエンティスト以外にもデータサイエンスツールの需要が広がって、今後も変動が続くと予想する。実際、データサイエンスと機械学習への投資は増加しており、2016年の収益は9.3%増加して24億ドルに達した。2016年のビジネスインテリジェンス市場全体の収益増4.5%と比較すると突出している。

 データサイエンスと機械学習への関心が高まり、市場にはますます多くのベンダーが参入している。なぜかこのレポートにランクインしていないGoogleやAmazon.comなどのクラウドベンダーも、この分野の技術の開発を手掛ける。従来とは異なるベンダーもアナリティクス分野に進出し、勢力を伸ばしている。例えばSalesforceは「Einstein」という技術を提供しており、人材管理・財務ソフトウェアベンダーのWorkdayはビッグデータアナリティクス企業のPlatforaを買収した。

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

ファッションサブスクリプションの「メチャカリ」、チームラボ開発のAIチャットbotを導入
ストライプインターナショナルは、ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ...

news125.jpg

日本型ユニコーン企業を目指す「ハイブリッドスタートアップ」という考え方
日本の未来を開くスタートアップのエコシステムとはどのようなものか。

news093.jpg

コンプライアンス対策、「何もしていない」企業がいまだに半数近く――共同ピーアール
働く人の「コンプライアンスと内部告発」に関する意識調査です。