2018年03月19日 10時00分 公開
PR

脱・自前主義で最先端OSSを使いこなす時間と手間を集約する「マネージドソフトウェアスタック」という仕組み

ITインフラ運用管理の効率化と自動化を語る上で、OSSは外せない選択肢だ。しかし、安全に供給するには誰がどう保守すればよいか。自前で賄えなくても諦めるのは早い。

[ITmedia]

 クラウドの活用やITインフラ管理運用の自動化、セルフサービス化は、コスト削減はもとより、アイデアを実装してリリース(デプロイ)するまでの時間を短縮したり、改善のサイクルを早めたりといった、機動的な体制を整えることが目的だ。

 効率よく管理できればインフラ担当の作業負担は軽減され、アプリ開発やそれに関連する作業により多くの力を割けるようになる。あるいはアプリ開発者がインフラ運用の一部を担いながら市場ニーズに応じた改善を実施できるようになる――理屈では分かっていても、実際にそうした仕組みを作り上げていくのは簡単ではない。まず、そもそもどのソフトウェアを使えばいいのか。

 特に最近では、新しい技術の芽はオープンソースソフトウェア(OSS)の技術コミュニティーから生まれるケースが多いが、「自社で開発するサービスにいち早く人気の機能や面白い仕掛けを取り入れたい」と思ったときに、企業がOSSを扱うのには、技術面と安全性の面で高いハードルがある。ソフトウェアの互換性やバージョンの違いも厄介だ。仮想化基盤や仮想マシン、OS、ミドルウェア、ライブラリーなどさまざまなソフトウェアの組み合わせを検証するだけで多くの手間とコストがかかってしまう。

 こうしたアプリケーション開発にまつわるさまざまな課題はどう解決できるのか。

提供:NTTテクノクロス株式会社

提供:NTTテクノクロス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部