2018年03月23日 10時00分 公開
PR

Dell EMC提供ホワイトペーパー2大フラッシュストレージ比較結果:オーダー処理数は1分当たり最大3.4倍の差

データセンターのサイロ化を解消するには、1つのソリューションで複数のワークロードを実行できる環境が不可欠。その実現には、パフォーマンスを損なうことなく、複数のジョブを一度に処理できる高性能なストレージアレイが必要となる。

[ITmedia]

 現代のビジネスにおいて、多種多様なデータの管理・活用は必須のタスクだが、膨大な数のジョブを平行して実行するため、多くの企業は目的ごとにストレージソリューションを導入して対応しており、システム構成の複雑化とデータベースワークロードのサイロ化を招いてしまっている。こうした問題を解決するには、複数のジョブを一度に処理できる高性能なストレージソリューションの導入が効果的だ。

 本コンテンツでは、現実と同様の環境下で実践的なテストを行った結果が記されている。具体的には、要求の高いトランザクションデータベース処理と、さまざまな部門から必要な情報を収集するデータマートへのロードを、パフォーマンスを犠牲にすることなく同時に処理できるオールフラッシュストレージアレイで検証した。従来のストレージソリューションに比べて最大83%ものレイテンシ短縮が可能となり、1分あたりのオーダー数が3.4倍という大幅なパフォーマンス向上を実現することが確認できる。1つのストレージソリューションで複数のデータベースワークロードを実行させたいと考えている企業担当者は、ぜひチェックしていただきたい。

問い合わせ先

会社名 Dell EMC

TEL 0120-413-021/0120-800-498