2018年03月23日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドでも重要性を増すファイルストレージ専門家が予測 2018年の話題は「マルチクラウドストレージ」

専門家によると、企業向けクラウドストレージの2018年のトレンドには、マルチクラウドの利用、ハイブリッドクラウドストレージ、ファイルベースのクラウドストレージなどがあるという。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 業界の専門家は、マルチクラウドストレージ、クラウドベースのファイルストレージ、ハイブリッドアプローチが2018年のトレンドになるだろうと予見している。

 マルチクラウドストレージなど、企業向けクラウドストレージのトレンドについて予測を集めたところ以下のことが分かった。

マルチクラウドストレージ戦略への転換

Hewlett Packard Enterpriseのストレージおよびビッグデータ担当GM、ミラン・シェッティ氏 マルチクラウドストレージ戦略を導入する顧客が大幅に増加すると見ている。コンテナの成熟とDevOpsの導入により、最新のツールやテクノロジーへの顧客の投資が促されるだろう。

 オンプレミスとクラウドの間でアプリケーション(主に仮想マシン)を移行する実績がある製品は幾つもある。だが、データの移行となると全く別の話だ。顧客がデータセンターとパブリッククラウド間でデータをシームレスに移動できるストレージ製品に大きなイノベーションが起きると見込んでいる。

Storage Switzerlandの創業者兼社長、ジョージ・クランプ氏 クラウドの導入が、本領を発揮するようになるだろう。企業は、これまでよりもはるかに容易にクラウドを既存のデータセンターに統合できるようになる。また、複数のクラウド(具体的には「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」「Amazon Web Services(AWS)」)の利用も簡単になるだろう。

 データを移行するソフトウェアの成熟が見え始めている。その移行の具体的な対象は、クラウド間、マルチクラウド、高度なファイルシステムなどさまざまだ。

 Taneja Groupのシニアアナリスト兼コンサルタント、ジェフ・バーン氏:企業は、1社のクラウドプロバイダーに依存するのではなく、ワークロードを複数のクラウドに分散するケースが増えるだろう。企業はベンダーロックインを避け、データの移植性を高め、可用性とDR(災害復旧)のオプションを強化するため、マルチクラウドアプローチに注目している。特定のユースケースごとに「最適な」クラウドを選択できることからも企業での導入機運が高まっている。

Pure Storageのマーケティングおよび製品管理バイスプレジデント、マット・キズモエラー氏 企業はハイブリッド(パブリッククラウドと自社で運用するクラウドの組み合わせ)からマルチクラウド戦略に移行するようになり、単一のクラウドベンダーロックインを避けるようになるだろう。クラウドのストレージ、人工知能(AI)、分析機能を自社独自に運用することもそうだが、SaaS(Software as a Service)ベンダーとIaaS(Infrastructure as a Service)ベンダーを複数利用することも考えられる。

重要性を増すファイルストレージ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news114.jpg

GoogleアナリティクスとShirofuneが連携
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、1分で終了する簡単な設定だけでGo...

news106.jpg

「PIA DMP」、CCIが提供する「BEYOND X PMP」へのデータ提供を開始
ぴあデジタルコミュニケーションズは、同社が提供するDMPサービス「PIA DMP」がサイバー...

news074.jpg

アクセンチュアが提唱、成果を出すためにB2Bマーケターは「やりたいこと」をいったん捨てよ
アクセンチュアの矢野一路氏による講演「デジタル化の未来と求められる営業・マーケティ...