2018年03月23日 10時15分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイドだからiPhoneが好き IT担当者がほれ込む「ゼロタッチ」と「iOS 11」

モバイルデバイスの業務利用が一般的になってきた。iPhoneを好むデバイス管理者は少なくないが、どんな視点で評価しているのか。「この機能を捨ててまで他に移りたくない」とまで言わせるiPhoneの機能とは何だろうか。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Apple | IT部門 | Android | Windows | iOS


ダウンロードはこちら

 iOSかAndroidか。2大モバイルOSの議論は尽きないが、どちらも業務利用に十分耐え得る性能や機能を有していることは間違いない。今回はiOS、つまりiPhoneとiPadに注目してみる。

 モバイルデバイスを導入する際にデバイス管理者がまず気になるのは「準備のしやすさ」だ。ユーザーごとにデバイスを用意し、初期設定を実施する。入社者向けの新規分もあれば、破損や紛失など既存ユーザー向けの作業もある。1つ1つの作業は小さいかもしれないが、確実に担当者の時間を奪っていく。

 次に気になるのはユーザーから見た「使い勝手」だ。仮に管理が楽なデバイスであっても使いづらい端末ではユーザーが使ってくれない。あくまでもユーザーが使いやすく、拡張性のある端末が求められる。

 管理者はこれらの課題をどう解決すべきか。本稿では分かりやすく解説する。デバイスの選定、あるいは日々の業務改善に役立ててほしい。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。