2018年03月30日 05時00分 公開
特集/連載

Nimbus Dataが2018年夏に出荷予定ついに「100TBのSSD」登場 メーカーの自信がうかがえる“5年間の無償保証” (2/2)

[Carol Sliwa,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Nimbus DataのSDD、旧型と新型の違い

 旧ExaDrive SSDと比べ、ExaDrive DCシリーズは、SASとSATAというインタフェースの違いだけでなく、フラッシュのタイプ、性能、耐久性も異なる。旧ExaDrive SSDは一般的なNANDフラッシュを搭載するのに対し、ExaDrive DCシリーズは「3D NAND」フラッシュを搭載する。

 ExaDrive DCシリーズは1日当たりのドライブ書き込み制限はなく、5年間の耐久性保証を提供する。

 「5年間、好きなだけシステムを稼働させることができる。何らかの理由で“奇跡的に”ドライブを消耗した場合、交換は無償だ。計算上は5年以内に消耗することはあり得ないことが分かっている。このため、このような保証を提供できる」

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

上司が部下の勤労に感謝すると仕事のパフォーマンスが上がる件――Unipos調査
上司からのフィードバックに対する満足度が、仕事のパフォーマンスに影響することが分か...

news047.jpg

デジタルエージェンシーが真のパートナーになるために必要なビジネスモデル変革
デジタルエージェンシーがクライアントの成果に十分にコミットできていない原因の一つと...

news146.jpg

電通、マーケティングプラットフォーム「STADIA」にラジオ広告も統合
電通は統合マーケティング プラットフォーム「STADIA」の機能を拡張し、ラジオ広告を統合...