2018年03月30日 05時00分 公開
特集/連載

Nimbus Dataが2018年夏に出荷予定ついに「100TBのSSD」登場 メーカーの自信がうかがえる“5年間の無償保証” (2/2)

[Carol Sliwa,TechTarget]
前のページへ 1|2       

Nimbus DataのSDD、旧型と新型の違い

 旧ExaDrive SSDと比べ、ExaDrive DCシリーズは、SASとSATAというインタフェースの違いだけでなく、フラッシュのタイプ、性能、耐久性も異なる。旧ExaDrive SSDは一般的なNANDフラッシュを搭載するのに対し、ExaDrive DCシリーズは「3D NAND」フラッシュを搭載する。

 ExaDrive DCシリーズは1日当たりのドライブ書き込み制限はなく、5年間の耐久性保証を提供する。

 「5年間、好きなだけシステムを稼働させることができる。何らかの理由で“奇跡的に”ドライブを消耗した場合、交換は無償だ。計算上は5年以内に消耗することはあり得ないことが分かっている。このため、このような保証を提供できる」

前のページへ 1|2       

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ
パナソニックは、早稲田大学商学部 恩藏直人教授のゼミと協働で、マーケティングプロジェ...

news048.jpg

ぴあデジタルコミュニケーションズ、レシート換金アプリ「ONE」のワンファイナンシャルと協業
ぴあデジタルコミュニケーションズは、ワンファイナンシャルと協業すると発表した。

news018.jpg

「環境ブランド調査2018」サントリーが2年連続首位――日経BP社調べ
日経BP社は、「環境ブランド調査2018」の結果を発表しました。