2018年04月04日 05時00分 公開
特集/連載

企業が求める「コンプライアンスと利便性の両立」企業向けファイル同期/共有サービス選定の決定打は? 調査で分かった新潮流 (1/2)

エンタープライズ向けファイル同期/共有(EFSS)ツールが広範なコンテンツ管理やコラボレーション機能を組み込むようになり、その導入が拡大するにつれ、EFSSの市場が成長を続けている。

[James Alan Miller,TechTarget]
画像 適切なファイル共有はセキュリティも向上する。

 当初の製品と違い、最近のエンタープライズファイル同期/共有(Enterprise File Sync-and-Share 以下、EFSS)の製品では、ファイルの同期、共有機能は当然として、それ以外にコミュニケーション、コラボレーション、コンテンツ管理の各タスクを統一することができるようになっている。

 調査会社Gartnerでは、大中規模組織の80%がコンテンツ生産性戦略の一環として、2020年までに「コンテンツコラボレーションプラットフォーム」を導入すると予測している。調査会社Forresterの調査でも、セキュリティが保護されるファイル共有ツールを社内で既に導入していると答えたセキュリティ担当者は56%に達し、2018年に導入を予定しているという回答も19%に上った。

 EFSS市場に踏み込む企業が増えるにつれ、ベンダーは本来のファイル同期と共有以上の機能を付与するようになった。大半のEFSS製品は、個人やワークグループ向けにコミュニケーション、コラボレーション、コンテンツ管理の各タスクを何らかの方法で統一する。こうした進化を反映して、Gartnerは2017年に同社のレポート(Magic Quadrant)の分類を「Magic Quadrant for Enterprise File Synchronization and Sharing」(エンタープライズファイル同期と共有のレポート)から「Magic Quadrant for Content Collaboration Platforms」(コンテンツコラボレーションプラットフォームのレポート)に変更した。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...