2018年04月06日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10標準Webブラウザの追随はMicrosoft Edge vs. Google Chrome 最新機能でシェアは変わるか

Google Chromeはこの数カ月でセキュリティが大幅に強化された。たとえMicrosoftがWindows 10の変更を通じて対抗しようとしても、Chromeを追い落とす助けにはならないかもしれない。

[Alyssa Provazza,TechTarget]

 「Microsoft Edge」は2015年にリリースされた「Windows 10」で、「Internet Explorer」(IE)に代わるデフォルトのWebブラウザとしてデビューした。Microsoftは「Windows 10 Insider Program」の最新ビルドで、一部のユーザーに強制的にEdgeを使わせる機能をテストすると説明している。EdgeのWindowsとの連携性や、全体的なセキュリティ機能はWindows 10を使う職場にとって魅力だが、GoogleがChromeのエンタープライズセキュリティ機能強化を図る中、Microsoftにはまだやるべきことがある。

 「今のところ、(他のWebブラウザとの)比較でいえば、多くのWebサイトはEdgeを全面的にサポートしていない。だがその数は急速に増えるだろう。メーカーがアプリケーションのツールを再編するのには時間がかかる」。United Bankのメッセージングコラボレーション専門家ウィレム・バグチャス氏はそう語る。

 現時点でEdgeに対応していないWebアプリケーションや、うまく機能しないWebアプリケーションの数は不明だ。企業はEnterprise Modeを利用すれば、IEで互換性が高いWebサイトを開ける。United Bankでは、従業員が他のWebブラウザでは機能しないレガシーアプリを使っていることから、大部分をIEに依存している。だが2018年はWindows 10の導入開始に伴い、EdgeをデフォルトのWebブラウザにするかしないかを、IT部門が検討する予定だという。

Chrome vs. Edge

 もしユーザーに選択肢が与えられれば、高速なWebデータの処理や、アドオンライブラリの豊富さを理由にChromeを選ぶ場合も多い。StatCounterによると、Chromeは世界のデスクトップWebブラウザ市場で67.45%と圧倒的なシェアを誇る。これに対してEdgeは4.05%にとどまる。

 このデータには、コンシューマーとエンタープライズの両方の数字が含まれる。従って、企業に限ればEdgeのシェアが4.05%より大きい可能性はある。Windows 10を使っている職場ではEdgeを選ぶかもしれない。同WebブラウザはOSに組み込まれているので、管理者がグループポリシーを通じて管理でき、契約しているWindows更新チャネルによっては更新をコントロールしやすい。

 「EdgeはMicrosoftがバックエンドに組み込んだ大量のインフラの表れにすぎない。セキュリティモデルも認証モデルも圧倒的に優れている」とバグチャス氏は言う。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

Kaizen Platform、「Kaizen Ad」で「Facebook プレイアブル広告」対応サービス提供
Kaizen Platformは、Facebookの新しい広告フォーマット「プレイアブル広告」のオフィシャ...

news018.jpg

2018年新卒の約6割が入社を後悔――レバレジーズ調べ
レバレジーズは、2018年に新卒入社した人を対象に、就職先に関する意識調査を実施しました。

news005.jpg

小さく始めるHubSpot、マーケティングの流れにそってバランス良く施策を実践しよう
HubSpotで始めるマーケティング。最初の一歩はここから始めましょう。