2018年04月11日 08時00分 公開
特集/連載

CW:現金 vs. キャッシュレス「ユーロ紙幣は存続する」欧州中央銀行がキャッシュレス化に反対する理由

キャッシュレス社会のメリットが叫ばれる昨今だが、欧州中央銀行はユーロ紙幣&硬貨の流通量を減らすつもりはないという。彼らが主張する現金のメリットとキャッシュレスのデメリットとは?

[Karl Flinders,Computer Weekly]
Computer Weekly

 デジタル決済の取り扱いが急増している。だが、ユーロ紙幣はこれからも長期にわたって存続するだろう。それは有効な代替手段がないためだ。これが欧州中央銀行(ECB)の見解だ。

Computer Weekly日本語版 4月4日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月4日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ECBの理事イブ・メルシュ氏は、最近の講演で次のように話した。ECBはユーロ圏の国々から、現金の流通量を減らす方法について相談を受けている。だが、ユーロ紙幣はこれからも重要な役割を果たし続けるだろう。

 小売業などの事業や個人が少額決済を非接触型技術で素早く行えるようになり、現金の必要性は減っている。例えばVisaが最近英国で行った調査では、ミレニアル世代の59%は個人間決済をスマートフォンで行っていることが分かった。

 非接触型カードやスマートフォンを使用した低額商品の決済が急増している。メルシュ氏によれば、2017年にキプロス、ブルガリア、ベルギー、ポルトガル、デンマークが現金の削減についての話し合いをECBに持ち掛けたという。

 だが、決して現金が消滅することはないと同氏は話す。「ユーロ印刷紙幣は、これからも長期にわたって社会で法定通貨としての立場と役割を保ち続けるだろう。ユーロ現金の代わりになる有効な手段はない。もちろん、紙、コットン、ポリマーに印刷された形態だけを紙幣といっているわけではない」

 「ただ、印刷紙幣がECBの中核事業であることは変わらないだろう。ECBのデジタル通貨に公的な需要があるのであれば、それは現金が技術的に別の形態に変わるにすぎない」(メルシュ氏)

 「代替決済方法がユーロ現金に取って代わる可能性はない。現金を補完するにすぎない。そのため、ユーロシステムはユーロ現金が存在することを保証し続けなければならない。欧州の人々の基本的な権利と自由を保護するためにユーロの紙幣と硬貨が果たす役割を守るには、現金を存続させるしかない」

 メルシュ氏は、現金があればユーザーは自分自身を保護することができると話す。決済に現金を使えば、自身の取引を企業や政府に追跡されることはないためだ。同氏は次のように付け加える。

ITmedia マーケティング新着記事

news006.jpg

2018年度の国内ワークスタイル変革ソリューション市場は4459億円と予測――矢野経済研究所調べ
矢野経済研究所は、ワークスタイル変革ソリューション市場の調査を実施しました。

news085.jpg

全社員マーケター化計画に挑む企業、「文化」は変えられるのか?
マーケティングは経営を変えることができるし、マーケティングだけが経営を変えられる。...