2018年04月14日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft以外の製品でも管理可能に「Office 365」モバイルアプリ、管理機能充実の理由 (2/2)

[Alyssa Provazza,TechTarget]
前のページへ 1|2       

基本機能を求める企業向けのIntune

 Graph APIの利用条件にIntuneライセンスが設定されているということは、Intuneが今後も主要製品になる、ということを意味する。Microsoftは一部ではあるが、同社の製品とともにIntuneのライセンスを提供する。このため、多くの企業は既にライセンスを保有していることになる。しかし、実際には使用していない可能性がある。

 「Microsoftは、Graph APIを利用したOffice 365のモバイルアプリ管理機能が、企業既存のツールを置き換える要因にはならないことを恐らく分かっている」(クライン氏)

前のページへ 1|2       

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...