2018年04月14日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft以外の製品でも管理可能に「Office 365」モバイルアプリ、管理機能充実の理由 (2/2)

[Alyssa Provazza,TechTarget]
前のページへ 1|2       

基本機能を求める企業向けのIntune

 Graph APIの利用条件にIntuneライセンスが設定されているということは、Intuneが今後も主要製品になる、ということを意味する。Microsoftは一部ではあるが、同社の製品とともにIntuneのライセンスを提供する。このため、多くの企業は既にライセンスを保有していることになる。しかし、実際には使用していない可能性がある。

 「Microsoftは、Graph APIを利用したOffice 365のモバイルアプリ管理機能が、企業既存のツールを置き換える要因にはならないことを恐らく分かっている」(クライン氏)

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も中止されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。

news054.jpg

イーライフ、タイで日本企業の口コミマーケティング支援サービスを提供開始
イーライフは、タイで日本企業のデジタルマーケティングを支援する口コミプラットフォー...