2018年04月17日 08時00分 公開
特集/連載

CW:モバイルアプリ開発の最前線(前編)多様なサイズ、解像度、形のモバイル端末に対応する開発ツール

モバイルアプリ開発の課題は今も昔も変わらない。多様化するサイズやフォームファクターにどうやって対応すべきか。モバイル開発に使える各種ツールをまとめた。

[Rob Bamforth,Computer Weekly]
Computer Weekly

 オープン化や共通標準がトレンドになっているが(または、恐らくそれがトレンドであるが故に)、ネットワークのエッジで使われる技術と機器はさまざまな方向に分化している。こうした分化は、技術や機器が備える機能や実社会とやりとりする方法によって起きる。

Computer Weekly日本語版 4月4日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月4日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 モバイル機器は非常に小型になり、腕に装着されるようになった。あるいは、膝の上に乗る高精細の大画面ディスプレイになった。センサーや音声入力を備えるものもあれば、現実の画像と仮想の画像が入り交じった画像を映し出すものもある。

 こうしたことが、開発者が注目すべきポイントを変える。直立したテレビ画面やタイプライター型のキーボードによってITとユーザーが向き合うことはもはやなくなった。両者の関係は密になり、複雑さを増している。インタフェースだけでなく、ユーザーエクスペリエンス全体、そして多様性を増していく機器群にこれまで以上に目を向けなくてはならない。このことは開発者に多くの課題を課すが、同時に大いなるチャンスも生み出す。

サイズの問題

 明らかな問題の1つが、機能と画面サイズの多様化だ。モバイル機器の多様化がもたらす課題は、かなり前から認識されている。

 これには、UAProf(User Agent Profile)などのプロファイルや仕様がある。また、JavaやFlashなどの過去の試みを統一して基盤にしようと努めるHTMLの進化も含まれる。Javaはその誕生から長い年月を経ているにもかかわらず、今でもクロスプラットフォームのツールセットに不可欠な要素を提供する。

 この課題はまだ続いている。モバイル端末の画面サイズやアスペクト比が多様化しただけでなく、解像度も高精細や4Kコンテンツに対応するよう進化している。また、抽象化モデルを作成しようとする試みもある。このモデルは、開発者が検討を希望しているものだ。スマートフォンとタブレットのレイアウトを計画する際は、「Android」の開発者は密度非依存ピクセル(DP)について理解することが役に立つ。DPは、画面領域1インチ当たり約160ピクセルになる。Apple製品にも画面上の点の抽象化モデルがあり、DPと(完全にではないが)よく似ている。

 開発コードベースの一貫性を管理するのは今でも難しい。だが、大手企業や新規参入企業が一様にツールを公開している。一部のプラットフォームは、「PhoneGap」が最初に世に広めたモデルを基盤に構築されている。それは、軽量のネイティブアプリが埋め込み型ブラウザを起動するモデルだ。オープンソースの「Apache Cordova」はAdobe Systems、Ionic、Telerik、Framework7、Evothingsが開発したPhoneGapツールから成る多様なエコシステムを内包している。

 クロスコンパイルでは、対象とするモバイル機器のネイティブコードに変換するためにScratchwork Developmentの「RubyMotion」、Xamarin(Microsoft)やAppceleratorの製品などを使用する。アプリケーションがデスクトップとモバイル端末の垣根を越えて適切に機能することを、これからも多くの企業が求めていくと予想される。つまり「Kony AppPlatform」「Pega Application Mobility Platform」(旧称「Antenna Mobility Platform」)、「SAP Mobile Platform」など、完全に機能するマルチデバイスエンタープライズ開発プラットフォームにさらに注目することになるだろう。

ウェアラブルへの対応

 ウェアラブル端末を対象とするアプリケーションの開発はさらに難しくなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...