2018年04月16日 10時00分 公開
PR

中堅企業の戦い方大企業の大規模投資に負けない、売れる仕掛け作りのキモ

「高くても問題ない、だってうちのは売れるから」。モノが売れない時代に、こう言い切れる企業が人知れず実践するのは意外にも業務改善。では、なぜもうかるのか。

[ITmedia]

 モノが売れない時代に差し掛かった現代においては、「安くモノを供給する」という大量生産時代のやり方が全てではなくなりつつある。目の肥えた消費者の心を突き動かすのは、モノではなく、モノに付随した体験であり、それを生み出すために企業はさまざまな施策を行っている。

 日本にも、こうした施策を成功させ、メーカーや小売り事業者の手本となるような企業が存在している。自社のコアなファンを確実に増やし、高品質の製品を適切な価格で売り続け、着実に業績を伸ばしているようだ。彼らの施策を支える仕掛けは、意外なITツールにあった。しかも、その仕掛けは中堅・中小企業にマッチしたものだというから驚きだ。デフレの時代に、値下げナシでモノを売り続ける企業の武器とは何か──。本稿ではその核心に迫る。

提供:SAPジャパン株式会社

提供:SAPジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部