2018年04月27日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

フラッシュストレージの制限を排除したオールフラッシュとはどんな姿なのか

フラッシュストレージに大差はないと考えるのは間違いだ。「現在のストレージに追加する」「既存のフラッシュ環境を強化する」など、どんな導入目的でも投資効果を最大化できるような製品とは、どんな姿をしているのだろうか。

[ITmedia]

 市場にはさまざまなフラッシュストレージが展開されているが、どれも同じと考えるのは間違いだ。代表的な導入目的には「現在のストレージに追加する」「既存のフラッシュ環境を強化する」などがあるが、フラッシュへの投資を最大限に活用でき、リスクを解消しつつビジネス目標の達成にも役立つ、ベストな製品を選択する方法を理解しておく必要がある。

 フラッシュは優れたテクノロジーだが、幾つかの制限もある。予算の超過、障害発生やデータサービスの低下といったリスクを回避しつつ、フラッシュの優位性を最大限に活用するには、利点を生かしながら制限を軽減するような設計が施されたストレージプラットフォームを確実に選びたい。エンタープライズクラスの品質には、フラッシュテクノロジーの急速な進化を十分に活用できる柔軟さと、確実なデータ保護が求められる。フラッシュの優位性を生かしきり、一切の妥協を排したアーキテクチャとは、どういうものだろうか。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2018年10月31日