2018年05月08日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供Webキャスト高度なサーバ管理をリモートで実行、「PowerEdge」の仮想コンソールの実力は?

サーバ運用業務の負荷を低減する方法として注目される仮想コンソール。Dell EMCの仮想コンソール「iDRAC」では、どのようにしてリモートによる一元的なサーバ管理を実現しているのか。その機能や操作手順を動画で紹介する。

[ITmedia]

 IT部門のビジネス貢献へのニーズが高まる中、さまざまな企業がサーバ運用業務の負荷を低減する方法を模索している。その解決策の1つとして採用が進んでいるのが、監視、管理、構成、更新、トラブルシューティング、修復などを一元的かつリモートで行える仮想コンソールだ。

 例えば、Dell EMCのサーバ製品「PowerEdge」では、このような仮想コンソールとして「Integrated Dell Remote Access Controller」(iDRAC)が提供されている。このiDRACにより、管理者はエージェントを使用することなく、あらゆる場所からサーバの監視や設定を行えるようになる。

 本コンテンツでは、仮想コンソールによるサーバ管理の一例として、iDRACによるサーバ設定の様子を動画で解説する。ダッシュボードによるシステム正常性の確認、BIOSやRAIDの設定、最大使用電力や最大時排出熱量の制御、アラートに対するアクションの定義など、iDRACの機能の数々を操作方法とともに紹介する。

画像