2018年05月09日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド流動的なエコシステム下におけるネットワーク戦略

クラウドの普及がネットワークの要件を変化させている。現代の企業活動の中枢神経を担うネットワークには、新たな戦略が必要だ。

[Computer Weekly]
Computer Weekly

 企業は、サービスの差別化を実現するためにクラウドへの依存を強めている。結果として、新しいインフラプラットフォームの普及がエンタープライズネットワークの構成を変え、プロバイダーのソリューションや消費モデル、パフォーマンス駆動型アーキテクチャを変化させてきた。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 ネットワークサービスの選択肢が通信会社しかなかった時代は終わった。クラウド大手、コロケーションプロバイダー、ワイヤレスサービスといった新しい選択肢は、通信大手の拡張をもたらす(だが取って代わることはない)。

 通信サービスは既に固定料金や長期契約から離れつつあり、クラウドコンピューティングに似た、機敏な価格設定で素早く柔軟なモデルへ移行している。

つながるエンタープライズ

 接続性はビジネスの中枢神経であり、クラウドの普及によってネットワークの構成が変化した。集中的なクラウドの普及は、サービスの設計とデリバリーを変化させ続け、ネットワークインフラに対する負荷を一層高めている。

 企業のネットワークや通信に関する意思決定権者の約83%はプライベートクラウド戦略の一環として、ハードウェアとソフトウェアのアップグレードによってローカルなパフォーマンス課題に対応している。だが組織はまた、さまざまな外部リソースの統合によって生じる課題への対応も迫られる。

 帯域幅ニーズの増大に対応したハイブリッドクラウドの追求は、データセンターを越えたネットワークの限界を浮き彫りにした。分散性が高まるアプリケーション、サービス、データのポートフォリオ間の統合は、コンポーネント層とアグリゲーション層の両方で、新しい最適化戦略を必要とする。

 かつては個別の製品、サプライヤー、戦略が、データセンターや支社のネットワークインフラを支えてきた。だが異なるネットワークセグメントの上に、一貫性のあるソリューションを構築することはできない。

 これに対応するため、単一の仮想化されたビジネスワイドファブリックが台頭して、新しいデジタルビジネスネットワークを支えるようになった。

 顧客がクラウドプラットフォームをより活用して複数の地域へと進出する中で、ネットワークにおいてクラウド事業者が担う部分は増大する。そして、クラウド事業者が直接接続PoP(Points of Presence)を増やし続け、自分たちの施設間のプロプライエタリな接続を確立する中で、顧客がそうしたデータセンター内やデータセンター間でクラウドネットワークインフラを活用するための選択肢は増えている。

ネットワークの破壊者

 クラウドの普及は、エンタープライズネットワークにおける転送技術の多様性を拡大させた。SaaSの普及は支社のブロードバンド利用を加速させ、クラウドへの直接接続はプロプライエタリなデータセンターと支社の両方の広域ネットワーク(WAN)へと増大した。

 ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)ソリューションは、この複雑性を抽象化するために浮上した。翻ってこれは、ソフトウェア定義オーバーレイを提供し、複数種類の接続を管理すると同時に、定義されたアプリケーションポリシーごとのリンク間トラフィックを自動化するために使われている。

 多くのキャリアはこの種のソリューションをOEMモデルを通じて販売している。そうしたプラットフォームの本質的な機能のおかげで、顧客はWANのコントロールを取り戻すことが可能になり、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)や管理型ソリューションに対する依存度を減らすことができる。

 魅力的なデジタルエクスペリエンスを提供する信頼性の高いサービスを設計・提供することへの圧力が強まる中で、企業はネットワークの設計やサプライヤーへの依存状態を切り替えて、そうした需要に対応している。

 多くはクラウドの普及によってネットワークがシンプルになると予想していたが、クラウドは単に、ネットワークの前向きな(そして複雑な)進化を加速させたにすぎない。

クラウド対応ネットワーク

 クラウドはインフラの柔軟性に対する期待をリセットし、柔軟性の低いコンポーネントやサービスに対する負荷を増大させる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...