2018年05月07日 10時00分 公開
PR

デジタル変革を実現するシステム開発超高速開発ソリューションという“武器”を手にした組織はどのように変わるのか

デジタル変革やクラウド化の観点から注目を集めている「超高速開発ソリューション」は、システム開発のプロセスをどのように加速し、ビジネスをどう変えるのだろうか。

[ITmedia]

 日本企業にとって「デジタル変革」は、全社を挙げて取り組むべき急務の課題だ。とはいえ、業種や業態ごとにさまざまな事例があり、自社にとってどのようなアプローチが最適か、頭を悩ませているIT担当者は少なくないだろう。

 アプローチの1つとして、本稿では次世代の「超高速開発ソリューション」に着目する。開発負荷の小さい“超高速”な開発を実現することで、ビジネススピードを大幅に向上させる効果が期待され、多くの企業で検討や採用が進んでいる。

 次世代の超高速開発ソリューションが、システム開発の組織や担当者という枠を超えて、ビジネスや従業員にどのようなメリットをもたらすのか。2018年3月に東京都中央区で開催された「IBM 超高速開発セミナー」の内容を基に解説する。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部