2018年05月16日 05時00分 公開
特集/連載

機能だけでなく、外部委託なども考慮に入れよう人材管理(HCM)システム主要6製品を比較 自社に合うオプション機能は? (1/4)

人材管理(HCM)システムの市場は規模が大きく活気にあふれ、大手企業から小企業まで幅広く対応している。HRソフトウェアツールを調査すれば、ニーズに合った適切なHCMシステムが手に入るだろう。

[Mary E. Shacklett,TechTarget]

関連キーワード

SAP | クラウドERP | Oracle(オラクル) | 人事


画像 最新のHRソフトを比較しよう。

 企業はできる限り優れた人事(HR)ソフトウェアを求めている。管理、福利厚生、給与処理といったHRの中心機能(コア機能)はあらゆるビジネスの基礎になり、企業運営に欠かせない。これに対して、人材管理(HCM)システムの新たな機能は、企業が成長するに従って効果を発揮する。人材管理ソフトウェアや従業員コラボレーションツールなどがその例だ。

 大手のHRソフトウェアベンダーが提供するほぼ全てのHRソフトウェアは、人材管理やコラボレーション機能を提供する。各ベンダーは、顧客企業がこれらの機能に価値を見いだしていると知っているのだ。結果、大半のベンダーが類似の製品を提供している。顧客企業の選択肢は非常に多い。

 選べるのはベンダーだけではない。各ベンダーはモジュール化を競っており、顧客が細かく選択できるオプションを用意している。顧客企業はHRソフトウェアのバンドル(ソフトウェアが事前構成されている製品)を受け入れなくてもよくなった。バンドルはその全てが利用されない可能性がある。必要なものを自由に選択し、選んだものだけに料金を支払えばよい時代になっている。

 だが、重要なのは、各企業が自社のビジネス要件を認識し、HRソフトウェアでそうした要件に対応する方法を把握することだ。ソフトウェアのバンドルと構成の柔軟性が増したことで、HRソフトウェアベンダーは決まった価格を事前に提示しなくなっている。大半のベンダーは、一定期間に利用するユーザー単位、またはライセンス当たりに料金を請求するとしている。そのため、企業とベンダーが最終的なHRソフトウェアのパッケージを決めるまで、ベンダーの価格設定についてしっかりとした感覚をつかめない可能性もある。

 顧客企業は提案段階と価格交渉で、不利な立場に置かれることになる。準備を整えずに話を進めると、不要な機能やモジュールにコストがかかり過ぎる結果に陥いる。繰り返しになるが、顧客企業は自社のビジネスニーズと、そのニーズにHRソフトウェアで対処する方法を明確かつ徹底的に把握することが重要だ。

 本稿では検討すべき重要な要素と、HRソフトウェアおよびHCMシステムについて比較する。登場するHRソフトウェアとHCMシステムは以下となっている。

  • SAP SuccessFactors
  • Ultimate Software UltiPro
  • Workday HCM
  • Oracle HCM Cloud
  • Cornerstone OnDemand
  • ADP Vantage HCM
       1|2|3|4 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...